産後の肌荒れ・かゆみスキンケア方法

出産後に突然起きる乾燥肌とかゆみ。

普通の保湿ケア、乾燥肌ケアをしていませんか?

乾燥もかゆみ治まらないのでは?

それもそのはず。産後の乾燥とかゆみは、普通の症状と違いもっと内側から影響されているため、表面的なケアだけだとなかなか快適な肌は作れません

もっとも求められるケアは、産後に乱れるホルモンバランスのケアと外部刺激カットです。

産後は誰でも乾燥・かゆみが起きやすくなる

産後から肌質が変わったみたいに調子が悪くなった。これって何?

産後の肌の乾燥、かゆみは、出産後に起きるホルモンバランスの急激な変化によるものです。

女性の生理周期はご存知のように妊娠するためのものです。そして妊娠すると赤ちゃんを育てるのに適したホルモンバランスになります。具体的に黄体ホルモンが強くなります。

そして出産。

当然、お腹の中から一人の命が出たのですから、久しぶりにお母さんだけのための体になります。

しかし、しばらく続いていたホルモンバランスから急激に元に戻ろうとするため、個人差で体調不良、産後鬱といった症状が出ます。

その中で起きるのが肌の乾燥、かゆみです。

ホルモンバランスが乱れるとターンオーバーが乱れる

肌はホルモンによって新しく作り変えられます。

そしてホルモンはバランスに成り立っており、どれか欠けたり過剰に出るだけで他のホルモン機能も影響を受けます。

特に肌は顕著。生まれ変わり周期が乱れてしまい、古い肌細胞ばかりの肌に。

古い細胞はセラミド、アミノ酸不足になり、水分を肌にとどめることができなくなります。これが産後の乾燥の原因。

キメが荒れて外部刺激に弱くなるからかゆくなる

肌の乾燥が続くと、古くて痩せた角質細胞で満たされてしまいます。

この状態がキメが荒れているという状態。

キメが荒れていると肌は隙間だらけ。本来は跳ね返してしまう花粉やPM2.5、ハウスダスト、さらには水や乾いた空気までが肌の奥に侵入。

体は異物が入ったと大騒ぎになり炎症を起こしてしまいます。

その際にヒスタミンというかゆみを引き起こす活性アミンを分泌。

出産前は何ともなかったのに急にかゆくなったり、ずっと使っていた化粧品が肌に合わなくなったりします。

かゆみ=炎症で老化現象が進んでいく

産後の肌の乾燥とかゆみは、何も不快感だけでは済みません。

これは分かっていないお母さんが非常に多いので本当に注意!

肌が乾燥してかゆい…

この症状をただの不快感で片付けていると、1年後くらいから急激に老けてしまいます。

なぜなら、かゆみがあるということは、肌が赤くなっていなくても見えないところで炎症が起きているからです。

かゆい!は紫外線を浴びているのと同じ

この炎症というのが肌老化の大きな原因となります。

紫外線を浴びると光老化を引き起こしますが、これは産後の乾燥とかゆみによる肌老化とほぼ同じものなんです。

結局紫外線も外部刺激。肌細胞を刺激して炎症を起こし、活性酸素を生み出してコラーゲンを破壊する酵素を増やしてしまう。つまりハリが失われて、垂れた残念な顔に。

産後老けの主な原因は、何も出産による疲労だけではなく、ホルモンバランスが引き起こした外部刺激に対するバリア機能の低下が大きな原因となっているんです。

日焼け?あざ?変な色素沈着の元になる

産後しばらくすると、顔や体の一部に変な色素沈着みたいなものが出てくることがあります。

ホルモンバランスによる肝斑の場合もありますが、肌が乾燥していることでバリア機能が低下。そのせいで思わぬ刺激が蓄積して、メラニン色素が溜まっている可能性もあります。

メラニン色素は紫外線で多くなりますが、肌を物理的に刺激しても多く作られます。となると、産後の弱っている肌は刺激を受けやすいため、妊娠前の生活習慣で普通に何ともなかった行動が、実は過剰なメラニン色素を生み出してしまうこともあるのです。

産後の乾燥とかゆみ対策方法はこれ!

ではどうやって産後のスキンケアをすればいいのか?

ポイントは以下のとおりですね。

  • ホルモンバランスのケア
  • 乾燥の緩和
  • キメを整える
  • 炎症を鎮める
  • 外部刺激をカットする

産後の乱れに抜群なのがダマスクローズの香り

女性はアロマが好きな人が多いですね。

そしてアロマ好きな女性ほど肌が綺麗な人が多いんです。

それって美意識が高い女性ほどアロマ好きとかではなくて、いい香りを嗅いでリラックスすることでホルモンバランスの乱れが整うからです。

産後の乾燥とかゆみは、出産後の急激なホルモンバランスが原因でした。

生理がない男性は逆にホルモンバランスが大きく動かないため、アロマのような香りでホルモンバランスもあまり影響されません。だから男性はアロマに関心がないんです。

でも女性はいい香りでいくらでも綺麗になれるチャンスがあるんです。

特にいいのがダマスクローズというバラの香り。これは女性の美の香りとされるほど優れたアロマです。

問題は高価。そして品質の差が激しいことですね。

赤ちゃんの肌に付着しても大丈夫な製品を使う

さすがに赤ちゃんがママの顔や体をペロッと舐めることはありませんが、それでも肌同士が接触するのはあるので、赤ちゃんのことを第一に考えたスキンケア用品を選ぶ必要があります。

かといって肌に優しいだけじゃ産後の乾燥とかゆみには不十分。

成分としては、肌表面に残らず角質層内に浸透するタイプが効果的、かつ使用感、赤ちゃんへの接触移動がないのでおすすめ。

具体的にはセラミドや発酵アミノ酸(NMF等)などを主体した保湿系化粧品です。

元々肌にあり、それらが不足して乾燥しているものなので、肌に付けてもとても自然。かつ実感が非常にたかいものです。

美肌菌を増やして子どものアトピー肌予防

美肌菌というのを知っていますか?

肌にはたくさんの見えない菌が住み着いています。ニキビの元となるアクネ菌もそう。

菌というと悪者に聞こえますが、いい菌もいて、天然の保湿クリームを作って肌を乾燥と刺激から守ってくれます。

しかしこの肌にいい美肌菌は乾燥にとても弱く、そして逆に強いのが悪玉菌である黄色ブドウ球菌。黄色ブドウ球菌は激しいかゆみ、アトピー症状を引き起こします。

だから殺菌をするようなスキンケア用品は絶対にダメ!良い菌が減ると悪い菌が結局増えてしまうのです。

防腐剤がたっぷりなのも同じくダメ。なるべく自然派、肌に優しいスキンケア用品で肌水分量を常に保つのがポイント。

もしこのまま乾燥が続き、かゆみが酷くなってきたときは黄色ブドウ球菌が繁殖しているのかも。

その状態で赤ちゃんと肌が触れ合うと、まだバリア機能が弱い赤ちゃんの肌に黄色ブドウ球菌がベトッと…

幼少期のアトピー症状の原因の一つともなりかねないので注意。

皮膚病じゃなければ1ヶ月もしないうちに実感

皮膚病による乾燥やかゆみでもなければ、肌水分量がしっかり維持されればターンオーバーが促進されてキメの整った肌になります。

そうなれば隙間だらけの肌から卒業!かゆみ原因となる刺激を跳ね返せるようになります。

だいたい早くて1ヶ月はかかります。

それまでの期間、どうにも外部刺激にさらされているなあ…と感じるなら、ワセリンを塗ることで物理的に刺激をシャットアウトできます。

ただワセリンはべたついてテカって使いづらいですよね。

そこで今産後ママに重宝されているのが、ポーラ・オルビスグループのディセンシアが特許を持つヴァイタサイクルヴェール。

天然物質でキメの荒れた肌の隙間をガードしてくれ、さらに水分蒸発もワセリン以上に防いでくれる優れもの。それなのにベタつきテカリがないのでとても使いやすい機能です。こちらも検討候補入り。

子どもの手がかかる時期に大人気のオールインワンタイプ

簡単・防腐剤不使用のオール・インワン

産後どうしても忙しいママ。そのためスキンケアも面倒で怠りがち。しかし乾燥とかゆみが続く日々…

それならと行き着くのがド定番とも言えるメディプラスゲル。それだけ産後ママに愛されているのは、ただ簡単なだけではなく、確かに実感があるから。

防腐剤を使わないプッシュタイプなのも赤ちゃんにとって安心。そして目を離せないときでも片手でササッと顔に伸ばせるのがポイントです。

ありがちなただ詰め込んだオールインワンではなく、セラミドを中心としており、エイジングケア成分もしっかり配合。それでいて1ヶ月1,980円で済むのはお金がかかる産後時期にはとても経済的。妥協はしないけど安いと助かる。そんなママも納得のアイテムです。

全身・赤ちゃんも使える医薬部外品クリーム

唯一、肌水分量を改善すると認められた成分がライスパワーエキスNo.11です。そのライスパワーエキスの生みの親であるメーカー渾身のクリームがアトピスマイル。

その作用と成果は、産後の乾燥に悩む産後ママ以外に、肌が弱いアトピー肌の人や、よだれかぶれの赤ちゃん、お年寄りの老人性乾皮症のケアなど幅広く使われています。

その秘密は原材料が国産米だけという成分。アレルギーリスクを徹底的に抑え、かつべたつかずクリーム単体で顔も体もどこでも使える使い勝手の良さが秀逸。

特に変化の出やすい目の下。一度つけてみてください。クマの印象も目立たなくなるほど自然でふっくら。キメの詰まったような健康的な肌になるのが分かります。

ママも赤ちゃんも両方使えて、しかもよく伸びるから経済的。小さな家族が生まれた家庭に1本は常備したいスーパー保湿クリームです。

しっかりケアするなら基礎化粧品タイプで

悪玉菌退治でかゆみ予防

オーガニック化粧品というと、肌に優しいけど効果はイマイチというものが一般的。でもHANAは一般のケミカル化粧品並の実感をオーガニックで実現させた先進的ブランド。

ブルガリア産の貴重なダマスクローズを使用し、香りで綺麗になれる女性をしっかり後押し。さらに美肌菌だけが好んで食べるバイオエコリアを配合し、毎日美肌菌を元気にして天然の保湿ケアが可能。

自律神経、乾燥、美肌菌、老化原因となる炎症酸化などを総合的にケア。まさしく産後ママの肌が求めている条件を安心なオーガニックで実現できます。このアプローチはほぼ唯一の製品と言える内容です。

敏感肌専門で安心+エイジング

肌を外部刺激から守り老化を防ぐヴァイタサイクルヴェール採用の敏感肌専門ブランドディセンシア。

そのディセンシアで一番人気なのがアヤナス。

理由は肌が弱っていても、ただ整えるだけではないエイジングケアが可能なこと。刺激が不安で試せない肌悩みケアがアヤナスなら可能です。かゆみで起きている微弱炎症にも対処するなど機能的。

産後、鏡に映る自分の顔がなんか違うと感じているならこれ。ヒト型ナノセラミドで高い保水力を維持しながら、コラーゲンを破壊する糖化ケア、コラーゲンを作る線維芽細胞サポートと、産後で残念になった肌をしっかり美しく導きます。

それらが刺激の不安のない敏感肌専門ブランドとして自信を持って提供されている。それが産後ママに受けている理由です。

敏感肌向け超ふっくら高保湿

同じく敏感肌専門ブランドのディセンシアから、基礎スキンケアラインのつつむです。

こちらは洗顔、クレンジングからスキンケアを見直したい。もっとシンプルに、でも効果的なケアがしたい忙しいママに人気です。

濃厚な美容液クラスのセラミド化粧水とクリームだけでO.K. それでも翌朝でびっくり。夕方になってもまだ!?と二度びっくりするほどの保水力維持があります。この驚きは他社製品にはありません。

その理由がやはりヴァイタサイクルヴェールとセラミド、さらに強化されたアミノ酸などの天然保湿因子。肌水分量を支えて透明感が向上し、産後の曇った表情が一気に明るくなります。

洗顔、クレンジングは産後の肌に不足しているセラミドを極力減らさない設計。乾燥とかゆみがひどい人はこちらも試してほしいですね。

敏感肌に透明感を与えるセラミド美白

こちらもディセンシア。敏感肌専門ブランドなのに効果的な美白ケアができることで、暖かくなってきた時期の産後ママ定番の美白化粧品。

しかしただの美白化粧品ではありません。産後の乾燥に悩むママがこのサエルだけで十分というほどしっかりした保水力があることです。

これはディセンシアがこだわっているセラミドケアとヴァイタサイクルヴェールのおかげ。水分をつかんで逃がさない設計で、他ラインにはないさらに深い透明感も実現。べたつかないのにスーッとした透明感がすぐ出るので表情が一変。

もちろんしっかりとシミもケア。産後におきがちな嫌なくすみ、曇も予防して、本当に子ども産んだの?と聞かれるほどの明るい均一的な肌がすぐそこです。